スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

インプレッサの弱点と買い取り相場

インプレッサの弱点というか、水平対向エンジンに限らず、どのエンジンでも各シリンダーの温度は基本的に異なります。これは様々な理由がありますが、基本的に「冷えやすいところ」と「冷えにくいところ」がインプレッサのエンジンにはあるということです。

たとえば、通常の縦型きエンジンの場合、向かって後ろ側のシリンダーのほうが冷えにくいという「法則」のようなものがあるのはなんとなくわかっていただけると思います。
ところが、水平対向エンジンはこの現象が当てはまらず、普通のレシプロエンジンとは温度の上がりやすさ、下がりやすさの特性がその特異な構造上異なるのです。
その第一の理由が、冷却クーラントが循環するレイアウトの関係で、各シリンダーが均等に冷やされずに左側のシリンダー(2番と4番)が冷えにくい現象が発生することにあります。

さらに、これは水温の問題だけではなく、水平対向エンジン全体の温度にも片寄りが発生し、ターボチャージャーの熱を受けやすい右側シリンダー、とくに3番シリンダーの温度は高くなりがちなことが指摘されています。
このインプレッサの弱点というか現象は、構造上の問題があるのでこれらを簡単に解決する方法はなく、冷却系のチューニングしか方法はないといえるでしょう。


次に先代インプレッサの最大の弱点について
GC系のインプレッサは「ガラスのミッション」と呼ばれるほどトランスミッション(TY75型)が脆弱だったことが特に有名です。
一般走行で、そこまで気にする必要は無いと思いますが、インプレッサの中古車を選ぶとき、特にチューニングカーなどは敬遠したほうが無難でしょう。
また、インプレッサは水平対向エンジンという特殊なエンジン形状ゆえにタービンやプラグ交換がしづらいなどその構造上プライベートでは整備がしにいという問題点があります。
とはいえ、実際に車の内部をいじったりするプライベーターのレベルでなければあまり関係ないといえます。

最期に、インプレッサの相場についてです
インプレッサWRX 買取査定データ

   買取人気度:★★★★★
   買取人気色:ブルー、パール、シルバー

   中古車相場:(この価格は、買取査定の価格ではありません)
            GD/GG系 105.9万円 ~438.7万円
            GC/GF系 29.8万円 ~178.5万円

   買取相場:(走行距離、車両状態により異なります)
            GD/GG系 78.0万円 ~430.0万円
            GC/GF系 12.0万円 ~170.0万円

これはあくまで目安ですので、程度によってことなります。また、売却などの際には、オンライン見積などの下取り査定を受けることをおすすめします。
スポンサーサイト

  インプレッサの弱点と買い取り相場 トラックバック:1 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。