スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

インプレッサsti 2代目の歴史

インプレッサSTIファン待望の2代目のインプレッサセダンのSTiモデルが登場したのは2000(H12)年10月になる。STiチューニングが施された2Lの水平対向4 気筒エンジンは最高出力280ps/最大トルク38.0kg-mにまで高められ、専用のクロスレシオ6MTがはじめて組み合わされた。4WDシステムはセンターデフ+ビスカスLSDで、RAの16インチ仕様車はドライバーズコントロールセンターデフと機械式リアデフを装備した。大型インタークーラーや倒立式ストラットサス、ブレンボ製ブレーキシステムなど、走りに徹した装備内容を誇りランエボと並んで2L最強の車である。

SB_S004_F002_M002_1.jpg

01(H13)年9月 ~ 02(H14)年10月 一部改良

フロントグリルのオーナメントを、六連星のスバルエンブレムに変更した。またグリル内にSTiオーナメントを装着し、フォグランプカバーの文字色をチェリーレッドに変更。さらに、専用のエアロパーツを装備した「プロドライブスタイル」がここで初めて登場した。

SB_S004_F002_M003_1.jpg


02(H14)年11月 ~ 03(H15)年8月 マイナーチェンジ

不評であった丸型ヘッドライトを廃止し、異形のヘッドライトに変更してフロントマスクを大幅に変更した。室内もシートを中心に質感の向上が行われた。またエンジンも改良され、トルクアップも実現して戦闘力を高めた。

SB_S004_F002_M004_1.jpg

03(H15)年9月 ~ 04(H16)年5月 一部改良

WRX STiスペックCの16インチタイヤ装着車に、エアコンやパワーウインドウなどをオプション装備として快適装備の充実を図る。前後ブレーキディスクの熱容量を拡大。さらにボディ色に、WRブルー・マイカが追加設定されるのどの変更がなされた。

SB_S004_F002_M005_1.jpg

04(H16)年6月 ~ 05(H17)年5月 一部改良

シャーシの改良やエンジンの強化などにより、走行性能や乗り心地を大幅に向上した。さらに、全車にフルオートエアコンを採用するなど快適性の向上も行い熟成を極める。

SB_S004_F002_M006_1.jpg

05(H17)年6月 ~ 06(H18)年5月 マイナーチェンジ

フロントグリルやヘッドライト、フロントバンパーなどのデザインをなぜか大幅した。このデザインにはかなり批判的な意見が多い。また、最大トルクを向上するほか、従来の4WDシステムにトルク感応型の機械式LSD(リミテッド・スリップ・デフ)を追加するなど走行性能の向上も図られてそういった面では進化している。

SB_S004_F002_M007_1.jpg

06(H18)年6月 ~ 一部改良

優れた応答性とスムーズな作動性をもつトルセンLSDを採用し、フロントピラー下部とアッパーフレームをつなぐ補強材を追加することで、走行性能を更に向上させ熟成をすすめた。
スポンサーサイト

  インプレッサsti 2代目 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。