スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

インプレッサのライバル ランサーとは

ランサー4代目(1991年-1995年)

1991年10月
4代目発売。コンパクトハッチバックカーのミラージュとコンポーネントの共有化が行われた。5ドアボディを捨て、再び4ドアセダンとなる。スタイル的には平凡であったが、エンジンは世界最小となる1.6LのV6 DOHC24バルブエンジン(MX SALOON)や、1.6LのMIVECエンジン(MR)、1.5LのSOHC12バルブMVVリーンバーンエンジン(MVV)、1.8Lターボエンジン(GSR)など、下は1.3L SOHC12バルブから上は2Lディーゼルターボまで各種を揃えていた。
このモデルから、GSRをベースにしたスポーツカー、ランサーエボリューション(エボI~エボIII)が設定されるようになる。
教習車仕様もギャランの代替等でラインナップされていた。バンパーを大型化し、全長を伸ばした。

ランサー5代目(1995年-2000年)

1995年10月
5代目発売。は更なるミラージュセダンとの共有化でグリル及びトランク類の違いのみとなってしまった。エンジンは1.6LのV6 DOHCエンジンが1.8L V6 SOHCへ変更された以外はほぼ同様の設定。MIVECエンジン搭載車は注文生産で気筒休止機構を搭載したMIVEC-MD仕様も設定されていた。先代と比べて外見がスポーティーになり、またINVECS-IIを搭載したモデルとなった。
ランエボも、エボIVからエボVI TMEまで、このモデルをベースとしている。

ランサー6代目(2000年-)

2000年
6代目発売。同時にミラージュ(ミラージュディンゴを除く)と統合。当初、「ランサーセディア」という名前で発売された。エンジンは、1.5L DOHC16バルブGDI(4G15)および1.8L DOHC16バルブGDI(4G93)を搭載。2001年には1.5L SOHC16バルブエンジン(4G15)と1.8L DOHC16バルブGDIターボ(4G93ターボ)、ターボモデルにさらに足回りやボディ剛性を高めたラリーアートエディションを追加。ミッションはターボモデルがINVECS-II 4AT、その他のモデルがINVECS-IIICVTと5MT(ただし5MTは1.5LのMXまたはMX-Eグレードのみ)。ターボモデルとツーリングのグレードにはマニュアルモードのついたスポーツATも搭載される。なおセダンの1.5L SOHCエンジン搭載グレード全車およびワゴンの最廉価グレードにおいてはヘッドライトは2灯式を用い(後発のランサーカーゴも同様)それ以外のグレードにはヘッドライトは4灯式を用いる。
フルモデルチェンジに伴い、ランエボも2001年登場のエボVIIからは、このモデルに移行。
2003年2月
マイナーチェンジ。「セディア」の名前がなくなる(ギャラン店とカープラザ店が統合され「セディア」を名乗る必要がなくなったため。)。エンジンは自動車排出ガス規制強化の影響を受け1.5L DOHC16バルブGDIが廃止される。デザインは当時のデザイナーであるオリビエ・ブーレイによる富士山型のフロントグリル(いわゆるブーレイ顔)を採用。このフェイスリフトは市場からかなり不評を買ってしまい、ランサーの売り上げを減らしてしまう原因を作ってしまった。ランエボ系を除き全てヘッドライトが2灯式となる。
2005年1月
再度マイナーチェンジが実施されブーレイ顔をやめ日本人好みのオーソドックスなフェイスとなる。海外向けは引き続きブーレイ顔を設定。モデル末期のギャランの代替ユーザーを取り込むべく、新たに2L SOHC16バルブエンジン(4G94)が設定された。これに伴いセダンに限り1.8L DOHC16バルブGDIエンジン(4G93)はラリーアートエディションに搭載されているICターボモデル以外は全て廃止された。
2005年12月
マイナーチェンジ。ランエボIXを含む全グレードからブーレイ顔が廃止された。

* 日本を含む一部の国では、ギャランフォルティス発売後も、6代目ランサーが継続販売される予定。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

続きを読む

スポンサーサイト

  ランサー トラックバック:0 コメント:1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。