スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

インプレッサstiの成り立ち

stiバージョンがどういうものであるかというと

スバルの大衆車クラスを担うセダン&ワゴンがインプレッサである。そして、その最もスポーティなバージョンがSTiだ。
 インプレッサは小型大衆車に属するが、WRC(世界ラリー選手権)に参戦していたスバルが、レガシィの次を担うモデルとして開発したという側面があることは前述の通りである。そのラリー活動のスペシャリストを抱える組織であるスバル テクニカインターナショナル(STI)が開発を手がけたのが、STiバージョンである。
 ターボ過給された2Lエンジンは、自主規制上限の280psを発生。現行モデルとして販売されているインプレッサよりも100kgあまり軽量なこともあり、速さにおいて今現在でも遜色はない。
 純粋な競技ベース車としては、内装類を簡素化したタイプRAが存在するが、従来のSTiバージョンではストリートユースにおける快適性も、それなりに考慮されていて、実際乗り心地は個人的には○。

まさに、WRCのために生まれたスペシャルモデル。それがstiバージョンである。
impressa.jpg

スポンサーサイト

  インプレッサstiの成り立ち トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。